ABC Cooking Travel

  • Google+
  • LINE
  • Pin it

福島の今を知り、私たちの未来を考える2日間 [4月]種まき&畑作り [5月]田植え&種まき [9月]稲刈り&収穫

福島の今を知り、私たちの未来を考える2日間 [4月]種まき&畑作り [5月]田植え&種まき [9月]稲刈り&収穫

【ツアー主催会社】

株式会社エイチ・アイ・エス 

スタディツアーデスク

お問い合わせ

ツアー詳細

ツアー催行日:4月1日、5月27日、9月30日
出発地:新宿駅
日数:2日間
料金:31,600~32,400円
添乗員:同行します

  • 美しい里山でお米作りのお手伝い&農家に宿泊

    二本松東和地域では、20年来有機農業に取組み、

    震災後も放射線被害の現状を調査・計測しながら農業を続けています。
    ここは、人と自然が寄り添って生きています。

    困難に直面しながらも、常に前を見て、未来のために今を耕しています。
    一粒一粒に復興への願いを込めて撒いた種から育った稲。

    ツアーでは大自然の中で、4月には種まき、5月は田植え、そして9月には稲刈りと馳掛け(天日干し)のお手伝いをしていただきます。

     

    「食べることは、自然が育んだ命をいただくこと。そして、その命で自分が作られること。」

    そのことを実感できる2日間になるでしょう。

     

    今しか知ることが出来ないことがここにはあります。

    現状を知り、これからの私たちの未来について一緒に考えてみませんか。

  • ブランドかぼちゃ再生の一歩を踏み出す「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」

    震災後、計画的避難区域に指定された飯舘村。ここは、有機農業の盛んな地域でした。有機質の土壌で育まれてきたブランドかぼちゃ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」も、避難を余儀なくされることに。昨年まで避難先の遊休農地でゼロから土地を耕し種を絶やさないように作り続けて来ました。

    2017年3月に避難指示解除になることを受け、2017年度から村内でかぼちゃ作りが再始動します。いつか胸を張って「飯舘のかぼちゃ」だと出荷できる日を目指して。

    ツアーでは、かぼちゃ協議会会長で村民の渡邊とみ子さんの案内で飯館村内を視察し、ブランドかぼちゃ再生プロジェクトについてお伺い、村内でのかぼちゃ作り再開のお手伝いをします。

  • トルコキキョウの本格栽培、出荷を果たした「あぶくまカットフラワーグループ」

    震災後、計画的避難区域に指定された川俣町山木屋地区。ここで栽培されていたトルコキキョウは2年間作付けが全く出来ませんでした。一時帰宅を利用し、2013年からビニルハウス内での実証栽培を再開、放射性物質が検出されないのを確認出来たため、2014年度から出荷を再開。2015年から本格栽培、出荷を行っています。2017年3月に避難指示解除になるまでは避難先とビニルハウスとの往復の生活を送っています。

  • 冬には新米を食べるツアー同窓会を開催!

    種まき、田植え、稲刈りと1年を通してお手伝いして出来た新米を、

    ツアー参加者で一緒に食べるツアー同窓会を開催しています。
    それぞれのツアーに参加された方も、過去の年のツアー参加者も集まって、

    旅の思い出、その時感じたことを共有します。
    更に、福島の郷土料理やお餅つき等、福島を再び感じる特別な1日です。今年度も1月に開催予定です。

Tour Overview

  • 4月1日、5月27日、9月30日出発

  • 出発地:新宿駅西口

  • 日数:1泊2日

  • 料金:4/1. 31,600円

       5/27. 32,000円 

       9/30. 32,400円

  • 添乗員:同行します

  • 1日目

  • 7:00 新宿発 福島市へ

    専用バスにて 福島県相馬郡飯舘村へ。
    バス車内で訪問先の紹介VTRを見ながら背景を学びます。
    途中、車窓から避難区域の今の様子をご覧頂けます。

  • 11:30頃 飯舘村訪問&視察、かぼちゃ作りのお手伝い

    2017年3月に避難区を域解除される飯舘村の震災前、震災後そして、避難区域解除されたこれからについて、村を視察しながらお話をお伺いします。

    その後、お弁当昼食。

    飯舘村のブランドかぼちゃ「いいたて雪っ娘」の村内での作付けのお手伝い(約1時間)

    4月:かぼちゃ畑作り(土の掘り起こしや肥料作りなど)
    5月:かぼちゃの種まき/9月:かぼちゃの収穫

    その後、 専用バスにて 福島県伊達郡川俣町山木屋地区へ。

  • 15:00頃 川俣町山木屋地区訪問、花作りのお手伝い

    震災後4年ぶりにビニルハウス内でのトルコキキョウ本格栽培を再開した花卉農家を訪問しお話を伺います。

    ハウス内でトルコキキョウの栽培のお手伝い(約30分〜1時間)

    4、5月:トルコキキョウ定植、草むしり
    9月:トルコキキョウ収穫

    その後、 専用バスにて 福島県二本松市東和地域へ。

  • 16:30頃 二本松市東和地域訪問、放射線測定器見学

    地域全体で有機農業や農家体験などに力を入れる東和地域での震災後の取組みについてお話を伺います。
    地元の方々で運営する道の駅にて放射線測定器を見学、お買い物。

  • 18:00頃 農家民宿へ移動

    *各農家の方々の車でご案内します

    農家民宿にて夕食。

    農家の方々との団欒をお楽しみください。

    (3〜6名ずつ農家民宿に分かれてお泊り頂きます)

    [農家民宿泊 ]

  • 【2日目】

    農家民宿にて朝食

    (各農家の方々の車で農作業の場所までお送りします)

  • 8:30頃 東和地域にて、お米作りのお手伝い( 約2時間)

    4月:種まき、イチゴの収穫体験、昼食郷土料理&餅つき

    5月:田植え、昼食はバーベキュー

    9月:稲刈り、昼食はバーべキュー&餅つき

  • 15:00頃

    昼食後、着替えを済ませた後、 東和地域の方々のパネルディスカッション&交流会 。

    地域で様々な活動をしている方をゲストに、里山を守る地域作りと福島の未来についてお話を聞き、その後お茶を飲みながら交流しましょう。

  • 15:30頃 二本松市東和地域出発

    温泉に入って、 疲れを癒しましょう。

  • 19:00~2:00 新宿着 

    着後解散となります。

  • 補足情報

    [利用交通機関]

    貸切バス(参加人数に応じてバスサイズは変わります。小型~大型バス)/美杉観光

    [利用予定宿泊先]

    宿:農家民宿(福島県二本松市内)

    ※宿泊場所は男女別の相部屋となり、3~6名さまで各農家にわかれて宿泊します。
    ※同行者は基本的に同じ宿へご案内します。(ご家族で同室をご希望の場合はお問合せください)
    ※宿は選べませんのでご了承下さい。

    [食事] 朝:1 昼:2 夕:1

    [最小催行人数] 18名

    [延泊代金] 設定無し(途中合流、途中解散をご希望の方はお問い合わせください)

このツアーについてのお問い合わせ

申込内容を下記のフォームよりご連絡下さい。

お問い合わせのツアー: 福島の今を知り、私たちの未来を考える2日間 [4月]種まき&畑作り [5月]田植え&種まき [9月]稲刈り&収穫

  • お名前*
  • ふりがな*
  • ご年齢
  • お電話番号*
  • メールアドレス*

    ※携帯のメールアドレスの場合、@abccooking-t.jpにてドメイン指定をお願い致します
  • 日本ご出発予定日*
  • ご参加予定人数
  • 航空券の手配
  • ホテルの手配
  • 送迎の手配
  • その他フリースペースご質問・問い合わせ・ご予算などありましたらこちらにご記入下さい

プライバシーポリシーに同意します。*

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • TripAdviser